ゼロから日本語を学び

中国語と日本語で書きます

消えたい 死にたい 自殺したい

「テキスト」初级日语语法精解 §12.2表示存在的表达方式(所有句)

§2.表示存在的表达方式(所有句)

(1)にはいます

     /我有妻子。


(2)山田さんには兄弟2人います

     /山田有两个兄弟。


(3)には才能あります

     /他很有才能。


(4)37.5度あります

     /我烧到37.5度。


(5)身長 185cm あります

     /他身高185厘米。


(6)彼女きれいな目をしています

     /她有一双美丽的眼睛。


(7)彼女外車持っています

     /她有一辆进口轿车。

基础讲解

  ◆表示所有的表现形式有很多。
  ◆首先,表示“所有”的是“人”的时候,如例(1)或例(2)用“<人=主语>には<人>が(《数量词》)いる”的形式。不能用「持っている」。
  (8)✕私はを持っています。
  ◆表示具有“才能、热情”等人的抽象属性时,如例(3)用“<人=主语>には~がある”的形式。也可以用「持っている」。
  (9)〇彼は才能を持っています。
        /他有才能。
  ◆“~”为“发烧的热度、身高(胸围、坐高)”等可以数量化的属性时,如例(4)或例(5)用“<人=主语>は~が《数量词》ある”的形式(注意是“<人=主语>”,不是“人=主语>には”),不能用「持っている」的形式。
 (10)✕彼は 165cm の身長を持っています。
  再者,使用像“发烧”的词时,人们关注的主要是是否超过了标准限度,因此,可以如下面的例(4)’ 省略《数量词》。
  (4)’ 私はがあります。
       /我发烧了。
  ◆表示“眼、耳、口、头发”等时,如例(6)用“<人=主语>は~をしている”的形式。但是,这些名词前面必须有修饰语。下面的例(6)’ 是错误的例子。
  (6)’ ✕彼女はをしています。
  ◆“~”表示除此之外的情况时,可以如例(7)用“<人=主语>は~を持っている”的形式。「持つ」一般用「持っている」的形式。
  ◆上述各种用法归纳如下。

(人)には
~がいる
(人)には
~がある
(人)は
~がある
(人)は~を
している
(人)は~を
持っている
  ◎   △   △   ✕   ✕
「才能」等   ✕   ◎   〇   ✕   〇
「熱」等   ✕   ✕    ◎   ✕   ✕
「目」等   ✕   △   ✕   ◎   〇
其他   ✕   〇   ✕   ✕   ◎

  :最典型的  〇:可以使用  △:虽不是错误,但不常用
  ✕:不能使用


深入讲解

  ◆“<人=主语>には<人>が(《数量词》)ある” 是比较旧式的表达方式,现在已不太使用。下面的例(11)b 是例(11)a 的旧式的表达方式。
 (11)a. 田中さんには兄弟が3人います
        /田中有三个星弟
     b. 田中さんには兄弟が3人あります
        /田中有三个兄弟。


研究导航

  ◆久野暲(1973)等指出了存在句的语序与其他动词句的语序的区别(→§ 42)。
  ◆角田太作(1990)对有关表示“所有”的用法做了颇有意义的说明。
    在日语的敬语中,如下面例(1)所示,有在形式上对人的所有物表示尊敬的用法(有关敬语的用法请参照§ 40)。
  (1)社長の白くなられた
       /总经理的头发变白了。
    角田在对“持有人的敬语”的使用程度做了调查之后,指出了日语中有下列关系所示的一种阶段性特征,即“所有物倾斜”(「所有傾斜」)特征。


    身体部分>属性>衣服>(亲属)>宠物>作品>其他的所有物


    在使用敬语时,如表示的所有物时“身体部分”或“属性”时,对其所有物用敬语来表达的可能性就很大;如果是“衣服”,表达的可能性就会降低一些;如果是“宠物”以后的所有物,就不能使用敬语了。
  (2) 社長のきれいでいらっしゃる
        /总经理的头发很漂亮。(身体部分)
  (3) 社長の体調一進一退でいらっしゃる
        /总经理的健康状况时好时坏。(属性)
  (4)?社長のスーツかっこよくていらっしゃる。(衣服)
  (5)✕ 社長のかわいくていらっしゃる。(宠物)
    角田指出的这种“所有物倾斜”特征对研究日语及世界上各种语言的语法现象都大有裨益(请参考角田太作(1990))。


总结

  <存在句的语序>
  主语是新信息时,
   <场所>に(は)<人=主语>がいる
   <场所>に(は)<物=主语>がある
  主语是旧信息时,
   <人=主语>は<场所>にいる
   <物=主语>は<场所>にある


〇参考文献

  久野 暲(1973)『日本文法研究』大修館書店
  角田太作(1990)『世界の言語と日本語』くろしお出版

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。