ゼロから日本語を学び

中国語と日本語で書きます

消えたい 死にたい 自殺したい

「テキスト」初级日语语法精解 §4.1动词所必须的名词短语(= 项)和他动性

§1.动词所必须的名词短语(= 项)和他动性

(1)明日は雨降るでしょう。

     /明天可能会下雨吧。


(2)ライオンシマウマ食べている。

     /狮子正吃着斑马。


(3)ぶつかった。

     /车撞到了矮墙上。


(4)田中さん花子さん結婚するそうです。

     /听说田中要和花子结婚。


(5)健康な人()は病気の人の気持ちわからない。

     /健康人不理解病人的心情。


(6)田中さん小林さん手紙送った。

     /田中给小林发了信。

基础讲解

  ◆动词按照其需要几个项,可分为以下类型。
    像例(1)「(雨が)降る」那样只需要ガ格名词短语的动词,称为一项动词(一項動詞)。
    像例(2)~(5)那样,除ガ格名词短语外,还需要一个名词短语的动词,这种动词从所必需的项的数目的角度被称为二项动词二項動詞)。像例(2)的「食べる」需要一个ヲ格名词的短语;例(3)的「ぶつかる」需要一个ニ格名词短语;例(4)的「結婚する」需要一个ト格名词短语;例外例(5)的「わかる」,需要用ニ格表示主体,用ガ格表示对象。
    另外,还有像例(6)那样,除主语以外,同时需要使用表示对象的ヲ格宾语和表示接受人(使用「借りる」或「もらう」时,表示出处)的ニ格宾语的动词。这样的动词被称作三项动词三項動詞)(→§ 10)。
  ◆在二项动词中,动作施加给对象的影响强度的大小(= 他动性他動性)),和该宾语用何种格来表示有很大的关系。
    「殺す、壊す、殴る」等直接接触对象并使之变化的动词,是他动词最强的动词,宾语必须用ヲ格来表示。
    像「似る、賛成する」这种表示和对象的关系,以及「ほれる、恋する」这种表示对对象的感情的动词,施加给对象的影响较弱,虽然也有例外,但是基本上宾语用ニ格来表示。
    「わかる、できる」这种对对象没有影响,只表示主语状态的动词,他动形最弱,甚至宾语可以用ガ格来表示。
    尽管都是表示感情的动词,「愛する、嫌う」等仍需要用ヲ格名词短语来表示宾语,这说明格的表示并不单单取决于动词的他动性。
    他动性强的动词容易构成直接被动句,反之就不太容易。特别是宾语是用ガ格来表示时,更不能构成被动句。
  (7)✕太田さんは子供によく似られている
  (8)✕地方の交通事情は東京の人にはわかられない
  ◆「勉強する、料理する」等サ变动词,可以在ヲ格名词后加上「する」,称为「勉強をする、料理をする」等形式。但是,不能像例(9)那样,一个动词对应两个ヲ格名词。所以,有动作对象的情况下,必须要像例(10)和例(11)那样说。
  (9)a. ✕昨日は2時間日本語勉強した。
     b. ✕田中さんは魚料理することが得意だ。
 (10)a. 昨日は2時間日本語勉強した。
        /昨天学习了两个小时的日语。
     b. 田中さんは魚料理することが得意だ。
        /田中擅长烹调鱼。
 (11)a. 昨日は2時間日本語勉強した。
        /昨天学习了两个小时的日语。
     b. 田中さんは魚料理(をすること)が得意だ。
        /田中擅长烹调鱼。


深入讲解

  ◆自动词、他动词和项的数目之间的关系,大体上可以这样理解:一项动词是自动词,二项以上是他动词。不过严格来讲,也有不一致的情况。另外,也有人认为,表示对象时使用ヲ格之外的动词不包括在他动词范围内。在 § 18 中,就是把使用ニ格宾语的「当たる」,从和「当たる」之间的对应关系上,作为自动词来分类的。详情请参照 § 18。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。